7/16:いろいろな発達段階説

7/16

お疲れ様でした!7/16のクイズ終了しました。 解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解(正解率:%%PERCENTAGE%%)です。 %%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。
問題1
人が生まれてから死ぬまでを8段階に区切り、それぞれの段階で達成することが求められる発達課題を定め、達成できない場合、心理・社会的危機と呼ぶ葛藤を示すという理論(ライフサイクル論)を提唱した人。
A
エリクソン
B
ピアジェ
C
ヴィゴツキー
D
ハヴィガースト
問題2
知の個体発生としての認知発達と、知の系統発生としての科学史を重ね合わせて考案したもの(発生的認知論)を提唱した人。認知の形成は、主体が環境との相互作用する中で構成されるものとし、感覚運動期・前操作期・具体的操作期・形式的操作期と発達段階を分けた人。    
A
エリクソン
B
ハヴィガースト
C
ピアジェ
D
ヴィゴツキー
問題3
人が生まれてから死ぬまでを6段階に区切り、それぞれの段階で達成することが求められる発達課題を提唱した人。
A
ヴィゴツキー
B
ピアジェ
C
エリクソン
D
ハヴィガースト
問題4
発達過程を社会、文化、歴史的に構成された人間関係や文化的対象を獲得していく過程と説明。認知発達とは文化の獲得であり、大人との協同という社会的な過程を通して構成されるという社会文化的な立場をとる人。ひとりでできる知的活動領域の周辺に,他者(例えば大人)と共にできる活動領域(発達の最近接領域)があり,教育的な働きかけは最近接領域に向けられてこそ有効であると主張した。
A
ヴィゴツキー
B
ピアジェ
C
ハヴィガースト
D
エリクソン
クイズが完了したら、「クイズの結果を見る」ボタンをクリックしてください。あなたが完了していないアイテムは、間違いのマークがされます。 クイズの結果を見る
問題は全部で 4 問。全て答えられるように頑張りましょう!